So-net無料ブログ作成
検索選択

機関紙投函裁判 控訴審も有罪支持 元厚労省職員に対して(毎日新聞)

 共産党機関紙を配布したとして国家公務員法(政治的行為の制限)違反に問われた元厚生労働省社会統計課課長補佐、宇治橋(うじばし)真一被告(62)の控訴審判決で、東京高裁は13日、罰金10万円とした1審・東京地裁判決(08年9月)を支持し弁護側の控訴を棄却した。弁護側は上告する方針。

【関連記事】政党機関紙配布:旧社保庁職員に逆転無罪 東京高裁判決 10年3月29日

 同様の事件では、東京高裁(中山隆夫裁判長)が今年3月、旧社会保険庁職員に逆転無罪を言い渡していた。宇治橋被告の弁護側も「国公法の規定は表現の自由に対する行き過ぎた制約で憲法違反」と無罪を主張していたが、高裁の判断が分かれる形となった。

 1審判決によると、宇治橋被告は05年9月10日、東京都世田谷区の警視庁官舎の郵便受けに「しんぶん赤旗」の号外を投函(とうかん)し、政治的行為をした。【伊藤直孝】

【関連ニュース
<ことば>政治的行為の制限とは?
<国家公務員の関連記事>国家公務員:「天下り根絶」で中高年増 新規採用半減
<国家公務員の関連記事>国家公務員法改正案:衆院内閣委、強行採決 「総人件費2割減」示さず
<鳩山政権の通信簿>国家公務員の総人件費を2割削減は?

患者のカードで空気清浄機=詐欺容疑、看護師逮捕−三重県警(時事通信)
自民・青木前参院議員会長、参院選に出馬せず 脳梗塞、引退か (産経新聞)
諏訪大社御柱祭で柱から落下、4人が死傷(読売新聞)
ブレたくない?首相の「ぶら下がり取材」短く(読売新聞)
築地市場 マグロ競り、見学再開(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。