So-net無料ブログ作成
検索選択

遣唐使船の遭難者ら初法要 海龍王寺、博多湾の海水を捧げ(産経新聞)

 平城遷都1300年にあわせ、平城宮跡(奈良市)のそばにある海龍王寺は18日に営む「四海安穏法要」で、遣唐使船で渡海しながら遭難するなどした死者の冥福を、船が出国した福岡県の海水を前に初めて祈る。遣唐使の影の部分にも注目した法要で、寺は「功績のあった人だけでなく、名も知れず亡くなった人たちの志で遷都1300年を迎えられたことに感謝したい」としている。

 遣唐使は7世紀前半から9世紀にかけて約15回、派遣された。奈良時代は4隻編成が基本で、最大で官人や僧、技術者ら計500人以上が渡海。暴風雨などで遭難することも度々で、多くの命が失われた。

 寺によると、僧の玄●(=日へんに方)(げんぼう)は唐からの帰路に暴風雨に襲われ、「海龍王経」を唱えながら無事帰国。その後、聖武天皇と光明皇后が玄●(=日へんに方)を導師に遣唐使の安全を祈願したと伝わることにちなみ、寺は平成16年、世界平和や海の安全を願う法要を復活させた。

 今回は石川重元住職(44)の発案で、海上や異国で亡くなった人たちを初めて追悼。初期の遣唐使船が日本を離れる際に通った福岡県・博多湾の海水を取り寄せた。

 四海安穏法要は18日午後3時から本堂で営まれ、硫黄島(東京都)の戦没者の冥福も同時に祈る。

【関連記事】
奈良・西大寺 皇甫東朝の名記された墨書土器出土 外国人名記された初の遺物
お堂の中に塔がすっぽり?! 謎の海龍王寺と五重小塔
上海万博会場へ“現代の遣唐使” 高校生ら乗せ1300キロ航海
遣唐使船の復元作業始まる 奈良、遷都1300年祭前に
まるでウミウシ?上海万博の日本館が「気持ち悪い」と話題
外国人地方参政権問題に一石

男女間暴力、被害届前でも逮捕検討…警察庁(読売新聞)
柳家花緑さん 結婚 お相手は年上の一般女性(毎日新聞)
<新党>「たちあがれ日本」政策面で自民との違い見いだせず(毎日新聞)
避難率4割切る チリ大地震で防災相「ハザードマップ見直しを」(産経新聞)
<酒気帯び運転>都立高副校長が交通事故…容疑で書類送検へ(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。